私がSPGアメックスカードを作らない4つの理由(デメリット)

昨今猫も杓子も発行している「SPGアメックスカード」。
皆さんがどんどん発行しているので、なんとなく欲しい気分になるのです。

提携ホテル(高級)の部屋のグレードアップ
レイトチェックアウト
クラブルームへのアクセス
カード継続時に、提携ホテルの無料宿泊1泊プレゼント
アメックスカードとしての保険などの付帯サービス

これだけのメリットがあるのですが、考えれば考えるほど、貧乏なおじさんには必要がないように感じるのです。

以下にその4つの理由を述べます。

1. 年会費が恐ろしいほど高くて震える

年間33480円(31000円+消費税)です。
私はSFC会員で「ANAワイドゴールドカード」をメインのカードとして使用してますが、この年会費が現在10260円(9500円+消費税)なのです。

最初クレジットカードの年会費なんて無料なものも多い中、なぜ1万もする会費を支払わなければならないのか大変疑念に思っていたのです。 しかし、海外旅行に頻繁に出かける身としては、スターアライアンスのゴールドメンバーの資格があるとかなり便利で、そのサービスに比べれば1万円を払う価値は十二分にあると考えることができました。

ところが「SPGアメックスカード」はその3倍なのです。 そしてそれだけの価値を見出すことができずに、発行に躊躇しているのです。

2. そもそもSPG提携の高級ホテルに泊まらない

私が海外旅行するときには、その街を練り歩き、観光名所やおいしい食事をすることで、ほとんどの時間を費やしてしまいます。 そうするとホテルはほぼ寝に帰るだけの場所になるので、立地にはこだわるものの、高級ホテルは必要ないのが実情なのです。

そもそも、独身の貧乏なおじさんが一人で高級ホテルに泊まっていても、気分が上がるどころか、広い部屋で一人寂しくなり自殺を考えてしまうかもしれない可能性も大いにあります。

お金が有り余っているのであればそうしたいのですが、貧乏なおじさんはその余剰金をさらに多くの場所を訪れるための資金に代替しています。

3. 「SPGアメックスカード」利用の還元率が最大1.25%と物足りない

私がメインカードとして使っている「ANAワイドゴールドカード」のカード利用の還元率は最大約1.5%です。

一方「SPGアメックスカード」は1.25%です。

違いは0.25%ですが、300万円ほど決済すると、7500マイル程度の差が出ます。 「SPGアメックスカード」がメインになることはまずなさそうです。

4. カードのデザインがいまいち

アンチになると、もう見てくれにまで文句です。
私はアッメックスゴールド(現在初年度年会費0円)も持っているのですが、デザインが荘厳でとてもいいです。 それと比べると年会費が高いカードとは一見思えないほどのデザインです。 やっぱり金色がいいですよね?

結論

「SPGアメックカード」は大富豪向けカードと考えます。

私のような貧乏おじさんには、持っても宝の持ち腐れになる可能性が非常に高いです。

なぜ今回「SPGアメックスカード」を再度検討したかというと、4月11日までに紹介キャンペーンが終わるとの情報があり、アメックスカード所有者からの紹介で、3か月以内に10万円の決済ができると、17000ポイント獲得できるからなのです。

これがあれば初年度の年会費も少し高いと思うのを和らげることができたからだともいます。 このキャンペーンが終わってしまっては、絶対作ることがないと思ったからなのでした。

私は「アメックスゴールドカード」を持っているので、「SPGアメックスカード」をご紹介することができます。 あなたが大富豪で周りにカードのホルダーがいらっしゃらない方がいましたら、下記にメールをいただけたら紹介メールを返信いたします。

helptotravelaroundtheworld@gmail.com

こんなアンチ「SPGアメックスカード」から紹介を受けたいなんて言う奇特な方がいらっしゃいましたら、もしかしたら「SPGアメックスカード」を好きになって発行するかもしれません。(そんな人はいるはずがない。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. -@- より:

    SPGの券面は私もイマイチだと思ってました。どんなに性能が良くても見た目が好みでないと何とも言えないモヤモヤを感じてしまいますよね。ただしイケメンに限る、みたいな(違)。