失敗しない!ビジネスクラスのフライトの選び方

ビジネスクラスといえば、豪華な食事を楽しみ、大画面の機内エンターテイメントで最新の映画を見たり、そして180度フルフラットになって快適に寝ることができて、苦痛である飛行機での移動を楽しい旅の一部にしてくれる、そんな場所だと考えていました。

しかし、私が5年前にスターアライアンスの世界一周航空券で世界一周をした際、上の条件に当てはまるビジネスクラスのフライトは14フライト中、たった2フライトしかなかったのです。

私がビジネスクラスの選び方に失敗してしまったのは、完全に私がビジネスクラスについて勉強不足だったことが原因でした。

世界一周旅行が終わった後に、ビジネスクラスについて色々調べてみると、以下の二つを知らなければらななかったのでした。

1、航空会社間でビジネスクラスのサービスの質に大きな差があること

2、同じ航空会社のフライトでも、飛行機の機種によって新旧、180度フルフラットになるかどうかが変わってくること

このことを知ってさえすれば、14フライト中、2フライトに加え、さらに少なくとも中長距離路線の4フライトはよりよいフライトを選ぶことができたはずでした。 なんともったいないことをしてしまったと後悔先に立たずです。

みなさんも私のように失敗しないように、この二つに注目して、よりよいビジネスクラスのフライトを見つけてみましょう。

Step1. どの航空会社のビジネスクラスがいいのか?

航空業界のオスカー賞といわれている、SKYTRAX社の「The world’s Best Business Class Airlines in 2017」より、どの航空会社のビジネスクラスが受賞しているのか見ていきましょう。

1位 カタール航空

2位 全日空

3位 シンガポール航空

4位 エティハド航空

5位 ルフトハンザ航空

上位の航空会社のビジネスクラスは、シート、機内食、機内エンターテーメント、スタッフ、アメニティーなどが総合して優れているものと考えていいと思います。

選択肢があるなら、ぜひ上位の航空会社のビジネスクラスを利用してみるのがいいですね。

以下20位までの順位を載せておきます。 参照してください。

1 Qatar Airways
2 ANA All Nippon Airways
3 Singapore Airlines
4 Etihad Airways
5 Lufthansa
6 Turkish Airlines
7 Garuda Indonesia
8 Cathay Pacific
9 Emirates
10 EVA Air
11 Japan Airlines
12 Hainan Airlines
13 Qantas Airways
14 Austrian
15 Virgin Australia
16 China Airlines
17 Air France
18 Swiss
19 Asiana Airlines
20 Oman Air

Step2. その航空会社のどの機体でのフライトを選ぶか?

Step1で上げた各航空会社のビジネスクラスの写真は最新鋭の機体のもので、実は古い機体による運航のものは、写真と全然異なることがあるので、しっかり選ぶことが重要です。

ここでは、The world’s Best Business Class Airlines in 2017で2位だった日本の青い翼「ANA」を例にとって説明していきます。

RANK A

機体 B777-300ER B787-9 B787-8(ごく一部)

これが私思い描くビジネスクラスです。

フルフラットの座席で、大画面の機内エンターテイメント、スタッカート配列により半個室感があります。 どの席からも通路側に出ることができ、トイレなどに行く際にも、他の人を気遣う必要がありません。

RANK B

機体 B787-8

このタイプの座席はフルフラットにはなりません。 国際線の東アジア、東南アジアなどの中距離に使われることが多いようです。 中距離のフライトでは長時間寝ることもないので、それほど問題とならないかもしれません。 また、B787-8は機体が新しいのも大変いいです。

RANK C

機体 B767-300

このタイプの座席はフルフラットになりません。 しかもリクライニングもそれほどならず、通称「地獄ジェット」と呼ばれています。 パソコンなどを使う際の電源等もなく使い勝手が大変悪いです。

香港、上海等の中距離路線で使われています。 B767-300は一部リニューアルされているものもありますが、基本古いです。 避けたほうが良いと考えます。

私が世界一周した時、「東京ーバンコク」「ホノルルー東京」がこの機体でした。 人気のANAのビジネスクラスだったのにがっかりしたのを思い出します。

今回は、ANAの具体例で紹介させてもらいましたが、各航空会社のホームページに必ず機体と座席のことについて書かれています。

基本的にどの航空会社でも、A380、B747-8i、B777-300、A350、B787-9の最近の機体のビジネスクラスはフルフラットになっています。

Flyteamというサイトでも各航空会社のフライトと機体を検索できます。 渡航先が一緒でも機体がフライトによって違うことがあるので、必ず検索するように心がけてください。

フライトと機体、そしてその座席を確認することがとても重要になります。

Step1とStep2を組み合わせると、とても良いビジネスクラスを選ぶことができると思います。 私のようにビジネスクラスのフライト選択を失敗しないように、是非参考にしてみてください。

そして、ビジネスクラスにたくさん搭乗できるようになる、大量マイルを貯める方法もよかったらぜひ参照してください。

「なぜあいつがファーストクラスに?」 ある日いつものようにTwitterを眺めていると、10歳以上年下の元部下が、なんとニューヨーク行きA...
年間20万マイルの大量ANAマイルを稼ぐ陸マイラーになるためにやったことは以下の3つです。 ポイントサイトの入会 ポイントサイトは現在た...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする